スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年07月29日

電動ガスガン・ハイサイクルプロジェクト その2



ご覧頂きありがとうございます。
電動ガスガンのハイサイクルプロジェクトの動画を、ほんの少しですが公開いたします。
まだ調整中ですので、もう少しサイクルアップを期待したいところですが、何処までいけることやら・・・。



今後も少しずつ、情報公開をしていく予定です。  


Posted by First Sniper at 18:46Comments(0)ガスガン(外部)

2011年07月28日

マルシン製のCDXについて思うところ


~続報が入りましたので、正しい情報が必要な方は同名タイトルの続報をご覧下さい~



マルシン製の画期的?なブローバックシステムとして一部で注目されている、
炭酸ガスカートリッジ直結仕様のガスブローバックガンのM1カービン、
細かい内部構造を見た事が無いのではっきりと意見が言えないところですが、
公式の画像を見る限り、リリースや内臓レギュレーター搭載しているかが微妙なんですよね。
下手すると流量絞りだけの仕様な可能性が高そうです。



画像はマルシン工業より引用です。

下手に削らなければ初速は完全に抑えられるとは言え、
仮にレギュレーター仕様で無ければ、言うほど安全なのか疑問に思います。
ちゃんと警察関係の裏を取ってから発売してれば問題無いですが、どうなんでしょうか。
車産業と元ASGKという事でパイプはあると思いますが、
この計画自体が海外企業の持ち込み提案で、適当な見切り発車だった場合はちょっと怖いです。
高圧ガス保安法の取り扱いも良く解っていなかったようですし、不安要素は少なからずありそうです。
これってリリーフやレギュレーターで制御してないと、
バルブ周りとかを簡単に手を加えるだけで、下手すりゃ一撃で逝く仕様なんですよね。
ボルト側でしっかりと制御でもされているんでしょうか。
外部ソース使ってるユーザーとしては、下手な規制が入らない事だけが気がかりです。
0.4j規制の時代に炭酸ガスの使用やパワー論争に否定的な見解を見せていたASGK出身者が少なからず介入している計画なだけあって、
どう転ぶかが色々な意味で楽しみなモデルです。
これが許されれば何だってありですからね。
ちなみに、似たような仕様でコクサイが既にこれと同等の固定スライド式ガスガンを作ってます。

ソースが無いので、現段階でどうこうは言えませんが、何より安全が第一です。
  


Posted by First Sniper at 06:23Comments(2)ガスガン(リキッド)

2011年07月21日

電動ガスガン・ハイサイクルプロジェクト

ご覧頂きありがとうございます。
電動ガスガンのハイサイクルプロジェクトが最終段階に入ってまいりましたので、
お披露目と同時に、簡単にご報告させて頂きます。



東京マルイ製の電動ガンのメカボックスユニットをベースに、
オリジナルのガスユニットを搭載したハイサイクルカスタムです。
耐久テスト、サイクル調整など完全に与えられた条件・課題を克服してはおりませんが、
現状でもかなりの抵抗を取り除く事が出来ました。
上手くいけば、なかなか面白いユニットが完成出来るかも知れません。

  


Posted by First Sniper at 14:43Comments(0)ガスガン(外部)

2011年07月10日

KingArms製Blaser R93 ブレーザー

キングアームズがBlaser R93のタクティカルモデルを発売するようです。



WA2000やM82A1に続き、とうとうブレーザーも希少価値が無くなってしまいました。
国内の高級ブランドで強かったメーカーはほとんど淘汰され、
最近では、海外メーカーの模倣品を安く買って満足するという流れに変わりつつあるようです。

安価に質の良い物が出る反面、所有欲を満たす物がどんどん無くなってきているのはちょっと残念な気がいたします。
個人的に質感優先で完成度の高い物を2,000ドル前後の金額で出してくれると嬉しいのですが、恐らく600ドル前後なんだろうなという気がいたします。
ちなみに、こちらの商品アサヒのフルコピーのようにも思えますので、恐らくボルトハンドルが速攻で駄目になる事でしょう。

高い工作精度と安価な人件費により、高品質な商品が破格の値段で流通し始めてそれなりの年数が経過してきましたが、
高級ブランド戦略の根本的な練り直しを要求されてきているような気がいたします。
市場にブレーザーがあふれ返ったら、もうシーレンでも使ってろと言う事なんでしょうか。

モデルアップ出来る銃が頭打ちになってきた現在、珍しいモデルが必ずしも希少価値の高い存在では無くなってしまいました。
果たして、今のユーザーの所有欲を満たしているものは何なのでしょうか。
もっと市場の傾向と対策の勉強が必要な気がいたします。
  


Posted by First Sniper at 20:25Comments(0)その他