スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年08月28日

WE G39C SUS303 6.02mmステンレスバレル 精度測定2

ご覧頂きありがとうございます。
今回はWE製のガスブローバックガン、G39Cのノーマル品のデータをお届けいたします。
カスタム品との比較対象用のデータで、弾の散り具合などを比較して頂ければ幸いです。

今回の測定に使ったモデルには、箱出し新品で全てノーマルの仕様です。

外部ソース環境で、初速は94~95m/s前後
パワーソースはエアーを使用、
雑誌などでど素人が銃をレスト台に乗っけるだけでブレブレな状態で計測する方式ではなく、
DIY用の器具を用いて、左右からバイスで締め付け、ほぼぶれないレストに近い状態を再現し、
ブローバックの反動による誤差は極力下げて計測を行っています。
射撃距離は室内無風の10mで、ホップダイヤル最弱(これでも鬼ホップ)の状態で、
エクセル製バイオBB弾0.2gとマルゼン製グランドマスターBB弾0.29gを使った射撃結果です。



マルゼン製グランドマスターBB弾(19年1月生産)0.29g
10発平均56mm



マルゼン製グランドマスターBB弾(19年1月生産)0.29g
10発平均72mm
右下のフライヤーを除くと59mm



エクセル製バイオBB弾(肌色)0.2g
10発平均78mm
3発のフライヤーを除くと58mm



エクセル製バイオBB弾(肌色)0.2g
10発平均60mm


新しく取り直した、ファーストスナイパーカスタム仕様のG39Cのデータ



マルゼン製グランドマスターBB弾(19年1月生産)0.29g
10発平均59mm
3発のフライヤーを除くと33mm



エクセル製バイオBB弾(肌色)0.2g
10発平均56mm
右上のフライヤーを除くと38mm


結果、ノーマル品の精度の平均は0.29gで64mm、0.2gで69mmとなりました。
射撃精度は悪く無く、旧型の初期の電動ガン並みにまとまった集弾性能です。
ホップパッキンでの弾の固定がしっかりと出来ている事から、保持の狂いが軽減され上手くまとまっています。
ただし、0.29gの弾でも狙点から20cmほど上方に着弾するので実写性能的に言えば最悪です。

今回の計測にはエアーを用いましたので、フロンのリキッドチャージの場合は圧力が安定しませんので、
これ以上にフライヤーが起こる可能性は十分考えられます。
遠射による精度測定はこちらの環境では出来ませんが、ホップの着弾から見て、弾は明後日の方向へ進んで行く事でしょう。
これを改善すべく、ホップを弱めるとチャンバーパッキンが弱いせいで、
弾の保持が上手く出来ずにしょんべん弾や給弾不良、最悪の場合、弾が噛んでしまったりします。

ノーマル品はここを上手く改善するのかがポイントで、それがカスタムの醍醐味と言えるでしょう。
内容的には職人のすり合わせの勘などがものを言うレベルで、素人が弄ったところで調整が出来ない商品だと感じられました。
下手にRA-TECHなどの頑丈なパーツを組んだとしても改善される部分では無いですし、
製造誤差が大きいので、最後は人の手でといった感じです。
腕に自信がある方は是非トライしてみてください。

  


Posted by First Sniper at 00:21Comments(0)WE G39シリーズ

2011年08月23日

マルシン M1ガーランド6mm 快調作動プロジェクト 2

ご覧頂きありがとうございます。
マルシン製の6mm仕様になったガスブローバックのM1 ガーランド、
色々弄くってたらお亡くなりになられました。
ボルトのローラーまるごとごっそりと・・、合掌。



鋳物だからしょうがないですが、もっと強度の事を考えて作っていただきたいです。
あと、流量関係ですがインサートの入れ方が適当すぎで、結構初速が落ちています。
とりあえず弾出ればいいでしょみたいな、雑な6mm化と思える内容で少し落胆しております。
他の個体が同じような感じになっていないといいですね。
色々グズグズなんで、改良のやりがいはありますが、ローコストで出来るかがかなり不安な内容です。



あと、金属クリップの実用化が机上の状態ですが構想段階まで持っていく事が出来ました。
内部ユニットは実銃と大きく異なる為、忠実に音の再現が出来るかが問題となりそうです。
ガスオペレーションのハドソン製ガーランドに匹敵する感動をマルシンでも再現したいところです。
  


Posted by First Sniper at 21:51Comments(0)マルシン M1ガーランド

2011年08月20日

WE G39C SUS303 6.02mmステンレスバレル 精度測定1

ご覧頂きありがとうございます。
今回はWE製のガスブローバックガン、G39Cの弊社カスタム品の測定データをお届けいたします。
今回の測定に使ったモデルには、国産・住友金属製のSUS303のステンレスバレル、
6.02mm鏡面仕上げの特注バレルを組み込んだ状態となります。
チャンバーパッキンはマルイ製へ変更、チャンバー・ノズル加工以外は全てノーマルの仕様です。

外部ソース環境で、初速は94~95m/s前後
パワーソースはエアーを使用、
雑誌などでど素人が銃をレスト台に乗っけるだけでブレブレな状態で計測する方式ではなく、
DIY用の器具を用いて、左右からバイスで締め付け、若干のズレはあるもののレストに近い状態を再現し、
ブローバックの反動による誤差は極力下げて計測を行っています。
射撃距離は室内無風の10mで、0.2gで適正ホップの状態で、
エクセル製バイオBB弾0.2gとマルゼン製グランドマスターBB弾0.29gを使った射撃結果です。



マルゼン製グランドマスターBB弾(19年1月生産)0.29g
10発平均49mm
左側のフライヤーを除くと36mm



マルゼン製グランドマスターBB弾(19年1月生産)0.29g
10発平均38mm



エクセル製バイオBB弾(肌色)0.2g
10発平均67mm
上下のフライヤーを除くと37mm



エクセル製バイオBB弾(肌色)0.2g
10発平均59mm
(2発のみ4.8気圧、4.5気圧で発射)


参考までにマルイ次世代、M4A1当たり個体(初速93m/s)



マルゼン製グランドマスターBB弾(19年1月生産)0.29g
10発平均38mm



エクセル製バイオBB弾(肌色)0.2g
10発平均61mm
上下のフライヤーを除くと43mm


結果、平均0.29gで43mm、0.2gで63mmとなりました。
グランドマスターの集弾を見た限りでは、射撃精度は電動ガン並みに持って行く事が出来たようです。
バイス固定でブローバックの振動を最低限まで抑えましたが、バイス自体に振動が伝わり、
その共振が発射前のコンマ単位の時間、銃本体にも加わった事も考慮すると、もう一回りは精度を上げる事が出来たかも知れません。
また、ノンホップであれば更に良い精度が期待出来るでしょう。

今回の計測にはエアーを用いましたので、フロンのリキッドチャージの場合は圧力が安定しませんので、
これ以上にフライヤーが起こる可能性は十分考えられます。
しかしながら、電動ガンに対抗出来るだけの精度は叩き出す事に成功したようです。
遠射による精度測定はこちらの環境では出来ませんが、
ホップの調整がしっかりしていて、セミオートに限定した使用においては、電動ガンにも十分対抗出来る事が出来そうです。
次はノーマルモデルの精度を計測し、カスタムの結果を比較してみたいと思います。
  


Posted by First Sniper at 17:57Comments(3)WE G39シリーズ

2011年08月16日

マルシン M1ガーランド6mm 快調作動プロジェクト



ご覧頂きありがとうございます。
マルシン製の6mm仕様になったガスブローバックのM1 ガーランド、
極少数、先行販売の物を入手したので軽く作動させてみたところの感想です。

いつも通りのマルシンクオリティです。

8mm時代から何っにも変わっておらず、むしろ6mm化によって無理が出てる箇所も多々見つかりました。
特に給弾のレールパーツの仕様がお粗末すぎで、個体による誤差もありますが、
下手なロットに当たると結構な頻度で弾噛みが起こります、それもドライバーでほじくらないと取れないレベルの噛みです。
レールからチャンバーへ弾を上方に上げて給弾するのですが、そこでのトラブルが頻繁に起こります。
その他にも、クリップ周りとボルトの干渉なども見受けられ、当たりが取れている様子がありません。
バレル長があれだけ長いのに5気圧0.2gで初速60m/sですよ、気密も全く取れてません。

せっかく6mmになったのにこれじゃあ、話にならないレベルといったところでしょうか。
モーゼルM712での移植もトラブルの報告が相次いで起こっておりましたが、ガーランドも同様になる可能性があると事前に頭に入れておいた方が良さそうです。
もちろん快調動作の個体もあるようですので、必ずしもどの個体に対しても言える症状では無い可能性もありますので鵜呑みにはしないで下さい。  


Posted by First Sniper at 01:31Comments(0)マルシン M1ガーランド

2011年08月06日

マルシン製のCDXについて思うところ、続報



本日、ブラックホールに行く機会がありましたので、
そこで、タニオコバの小林さんと1時間半ほど対談をさせて頂きました。
対談によって得た情報を元に、改めてCDXの細かい内容についてお伝えしたいと思います。

まず結論から述べると、アドバイザーとして小林さん本人が今回の件に絡んでおり、
マルシンが技術提供(アドバイス)を全面的に受けた形で、独自開発の商品が作られるようです。
また、改造防止策やユニットの仕様など、かなり突っ込んだ内容でお話をさせて頂き、内部構造と防止策のレベルを確認させて頂いたところ、
かなり高水準での改造防止策を練られているようで、前回の記事で危惧したような事態は全て防止出来るように設計されている事が確認出来ました。(特許出願もなされている様子です)

下手な素人が弄る限りでは、確実に安全なシステムだと、こちらでも保証する事が出来そうです。
CDXのプロジェクトがかなり長期計画であった事もお教え頂き、安全面はかなり力を入れた計画となっていた模様です。
マルシンに問い合わせた時に、安全など確信に触れる箇所への説明が不足がちだったので、
前の記事で書いたような事態を危惧しておりましたが、取り越し苦労となっていたようです。

細かい防止策は、違法改造にも繋がる事ですので一切公開する事が出来ませんが、プロが加工するにしてもそこそこ面倒であると言える内容でした。
加工難易度から見ても、個人の違法改造責任が問われると判断出来る内容で、業者責任に及ぶ危険性は恐らく低いと推測されます。

よって、ビールサーバーのように直結での使用さえ許容されれば、問題無い新しい代替ガスシステムとして認知される事になるでしょう。
アサヒのM40事件などのように、でっちあげの印象操作など、外部からの圧力がかからなければ、新しいジャンルとして認められる事は間違いありません。
どう転ぶかは解りませんが、小売にしっかりとした予備知識の指導をメーカー側が事前に行えるかがキーポイントです。

ただ、正直一言だけ駄目だしをするとすれば、
WE製などの大型ボルトのリコイルに慣れたユーザーが
果たして、今更マルシンのM1カービンのブローバックで満足出来るのか、そこが問題だと思います。
M1カービンを手にした方には解ると思いますが、
8mm、6mm仕様どちらのガスブローバックモデルも反動がとっても寂しかったので、
そこがネックにならない事を祈ります。
ちなみにパワー関係は、規制より一段階落とした、従来のタニオコバと同じような初速セッティングになるとの事でした。
  


Posted by First Sniper at 22:12Comments(6)ガスガン(リキッド)

2011年08月03日

アサヒ ブッシュマスターウルトラカスタム 電磁弁仕様

ご覧頂きありがとうございます。
今回、ご紹介させて頂きますのは、
アサヒファイヤーアームズ製のブッシュマスターウルトラカスタムのフルチューニング品です。
当方の技術メンバーが作った物です。



完全なゲーム仕様を前提として作られたカスタム品で、
ブッシュマスターウルトラカスタム(グリーン)をベースに、
ボディの切り詰め、グリップの移動など完璧なブルパップショーティー仕様となります。
パワー制限の無い時代では、ロングバレルが効果を発揮いたしましたが、
今日の新銃刀法改正後にはバレルの延長は必ずしも必要な物では無くなりました。
現在のバトルマスター(サバイバルゲームで勝つ銃)として必要なのは、コンパクト+消音+程よい連射力、これに尽きると思います。





本製品の仕様はまず、エアースイッチ周りを電磁トリガー(工業用)に変更し、
マイクロスイッチの電子トリガーを採用、エアースイッチ式特有のトリガーの重さを解消しております。
微調整も可能で、スプリング交換のみで自分にあったセッティングが可能です。



サイレンサーは繊維企業から譲って頂いた消音材を使って特注で作成、
サイレンサー内のパイプも一からフライスで穴あけ加工をし、実銃同様の仕上がりとなっています。



発射機構はブッシュマスター既存のエアー給弾方式を採用し、
バレルの軸ズレ防止のパーツを作成、チャンバーもホップ対応とし真鍮削り出しで製作いたしました。



電磁バルブ(電磁弁)自体のバッテリー収納スペースは、アウターバレル上部のスペースを利用し、フレーム内に小型の使い捨て電池を利用しています。
電磁バルブは電力消費が極端に少ないので、かなり長期的にご使用頂けます。



インナーバレルはPDI製6.01ステンレスバレルのセンターが出た物をチョイス、
バレル長はブルパップですので、このサイズでも300mm程度ございますので精度への影響も皆無です。



比較対象として用意したのは、マルゼン製のMP5Kチャージャー、M4ストックを付けたのPDW仕様。
サイレンサーを外せばP90以上に取り回しの良いばら撒き銃となります。



エアー給弾方式の採用により、最終弾の打ち切りも容易に行えます。
燃費もエアースイッチ方式を不採用にした為、エアーカットが確実でBV式にしては悪く無い燃費です。

特注のサイレンサーと併用して使用すると、
消音加工をしたMMCや電磁バルブフルオート系の銃並みに性質が悪い銃となります。



旧型ガスガンのユニットの消音効果は注目すべき点が多く、
今後も電磁バルブ系の仕様で色々な銃を製作予定です。
また、近況報告としてアサヒの電磁弁のパテント周りの問題が解決され、
エアガンのカテゴリでファーストスナイパー独自のオリジナル電磁ユニットが合法的に作成が可能となりました。
また、電磁系で強かった某店とのトラブルにようやく決着がつき、大量に電磁ユニットや設計図を奪ってきました。
技術的に、とても参考にするべき点がございましたので、これらを参考にして本格的に電磁ユニットの製作が可能となりそうです。
まずは、もっと効率の良い電子基盤の製作から始める予定です。
  


Posted by First Sniper at 03:30Comments(10)ガスガン(外部)

2011年08月01日

チーム運営者にお勧め、ガスボンベの内圧が計測出来るツール

ご覧頂きありがとうございます。
この度、ご紹介いたしますのはガスボンベの内圧(パワー出力)を測る専用ツールとなります。
画像は試作品で4mmホース型となっておりますが、量産タイプでは更にコンパクトになり、専用ノズルアダプター装着型となります。

(マルイ製のガスボンベ、画像では6.3気圧出ています)



このツールを使う事によって、お手持ちのガスボンベの内圧が現在どの程度の気圧になっているかを一瞬で確かめる事が可能です。
温度管理をしっかり行えば、何℃の環境で何気圧の出力になっているか、計測する事も可能です。
しかもデジタル表示式、とても軽量で、物凄くコンパクトなので場所も取りません。

リキッドチャージ式のガスガンのみで遊ばれているユーザーは、気圧という言葉とは無縁の生活をされていると思いますが、
安全面の問題で、自分がどの程度のパワー(気圧)でガスガンを発射しているのかをしっかりと把握する必要はあると思います。
外部ソースと違い、外部レギュレーターで気圧の制御が出来ない分、気温が高くなればどんどんリキッドチャージ式のガスガンはパワーアップしてしまう事になります。
お手持ちのガスが一体どのぐらいの気圧(パワー)まで昇圧するのか、安全をしっかりと確認したい方や初速の調整を完璧に行いたい方にはお勧めのツールです。
内圧をデータ化する事は、サバイバルゲームでレギュレーション違反をしないようにする為には、とても解りやすい目安となります。


また、この商品の最大の利用目的は、リキッドチャージ式の高圧ガスボンベを利用して、巧妙にレギュレーション違反を犯しているサバイバルゲームユーザーをフィールドから締め出す事です。

最近流通している混合ガスボンベの中には一部、製品化された段階でとても強いパワー(気圧)を持ったガスボンベが存在いたします。
いくら初速チェックの際に、運営側が用意した安全なガスボンベで測っても、ユーザーが持っているガスボンベが必ず同じ圧力とは限りません。
通常フロンガスが4~8気圧程度で安定するのに対して、混合タイプの高圧ガスボンベは10気圧~16気圧前後と倍近いパワーを持ち合わせております。

空のガス缶を再利用して再充填する際に高圧ガスと入れ替える、もしくはガス容量が少なくなったところで高圧ガスを混入させる事によって混合高圧ガスボンベ化する、そんな悪質なゲーマーは実際に存在いたします。
パッケージを剥がしたり、上書きで偽装して混合高圧ガスを利用するユーザーもおり、サバイバルゲームに限らずにスピードシューティングなどでこのような手法で相手より優位な立場に立とうと考える方も少なくありません。

このような悪質ユーザーに対して抜き打ちで検査が出来るのが本製品の最大のメリットです。
数値化されたデータを見せれば、相手には弁解の余地は一切無くなりますので言いがかりでのトラブルの防止も行えます。
また、あらぬ誤解を与えてしまい自分が疑われてしまった際に、逆に自分自身が身の潔白を証明する為のツールとして自衛用に使用する事も可能です。
運営サイドとして一番の悩みであるパワーでのトラブルやクレームを迅速に処理する事が可能になります。

一見するとマニアックな商品ですが、規制が厳しくなってきた今日では安全と言う面で必要なツールとなると私たちは考えています。
  


Posted by First Sniper at 21:48Comments(0)ガスガン(リキッド)