2011年08月06日

マルシン製のCDXについて思うところ、続報

マルシン製のCDXについて思うところ、続報

本日、ブラックホールに行く機会がありましたので、
そこで、タニオコバの小林さんと1時間半ほど対談をさせて頂きました。
対談によって得た情報を元に、改めてCDXの細かい内容についてお伝えしたいと思います。

まず結論から述べると、アドバイザーとして小林さん本人が今回の件に絡んでおり、
マルシンが技術提供(アドバイス)を全面的に受けた形で、独自開発の商品が作られるようです。
また、改造防止策やユニットの仕様など、かなり突っ込んだ内容でお話をさせて頂き、内部構造と防止策のレベルを確認させて頂いたところ、
かなり高水準での改造防止策を練られているようで、前回の記事で危惧したような事態は全て防止出来るように設計されている事が確認出来ました。(特許出願もなされている様子です)

下手な素人が弄る限りでは、確実に安全なシステムだと、こちらでも保証する事が出来そうです。
CDXのプロジェクトがかなり長期計画であった事もお教え頂き、安全面はかなり力を入れた計画となっていた模様です。
マルシンに問い合わせた時に、安全など確信に触れる箇所への説明が不足がちだったので、
前の記事で書いたような事態を危惧しておりましたが、取り越し苦労となっていたようです。

細かい防止策は、違法改造にも繋がる事ですので一切公開する事が出来ませんが、プロが加工するにしてもそこそこ面倒であると言える内容でした。
加工難易度から見ても、個人の違法改造責任が問われると判断出来る内容で、業者責任に及ぶ危険性は恐らく低いと推測されます。

よって、ビールサーバーのように直結での使用さえ許容されれば、問題無い新しい代替ガスシステムとして認知される事になるでしょう。
アサヒのM40事件などのように、でっちあげの印象操作など、外部からの圧力がかからなければ、新しいジャンルとして認められる事は間違いありません。
どう転ぶかは解りませんが、小売にしっかりとした予備知識の指導をメーカー側が事前に行えるかがキーポイントです。

ただ、正直一言だけ駄目だしをするとすれば、
WE製などの大型ボルトのリコイルに慣れたユーザーが
果たして、今更マルシンのM1カービンのブローバックで満足出来るのか、そこが問題だと思います。
M1カービンを手にした方には解ると思いますが、
8mm、6mm仕様どちらのガスブローバックモデルも反動がとっても寂しかったので、
そこがネックにならない事を祈ります。
ちなみにパワー関係は、規制より一段階落とした、従来のタニオコバと同じような初速セッティングになるとの事でした。




同じカテゴリー(ガスガン(リキッド))の記事画像
PPsh-41 ガスブローバックモデル
マルシン M1カービン CDX ファーストインプレッション(速報)
マルゼン レミントン M870 安定作動+パワーアップカスタム
G&G G96 反動モデル(G96 Blow Back)
ポイント ウィンチェスター M1892
チーム運営者にお勧め、ガスボンベの内圧が計測出来るツール
同じカテゴリー(ガスガン(リキッド))の記事
 PPsh-41 ガスブローバックモデル (2014-09-20 00:06)
 東京マルイ製のMP7のリコイルについて (2012-07-02 17:37)
 マルシン M1カービン CDX ファーストインプレッション(速報) (2012-06-14 21:00)
 マルゼン レミントン M870 安定作動+パワーアップカスタム (2012-04-26 23:51)
 G&G G96 反動モデル(G96 Blow Back) (2012-03-15 22:35)
 ポイント ウィンチェスター M1892 (2011-09-19 01:00)

この記事へのコメント
難しいですな。
多分、HFC-134aと152aのリキッドチャージの
代替ガスは出てくると思いますし、
リキッドチャージで使えないとコレまでの分は
どうしてくれるのって話にもなりますし、
燃費上、Co2小型ボンベはあまり普及しないかも
知れませんね。
Posted by ユキクロ at 2011年08月06日 22:32
ユキクロ様、ご投稿頂きありがとうございます。

HFC-134aと152aの代替品が将来的に流通して、販売される事は間違い無いと思います。
しかしながら、フロンガスや代替品の温室効果ガスの値段が徐々に値上がっており、現在の値段のままで販売を継続して続ける事は近い将来難しくなってくるのも事実です。
万が一使用が出来なくなった際には、代替品となる物のコストも従来品の1.5倍~2倍になるのではないかと推測もされております。
今回CDXで使用される小型炭酸ガスボンベは、通常の炭酸ガスの製造方法とは異なり、産業廃棄物のリサイクル精製品で作られているカテゴリーに当てはまるボンベであるという点も目を見張る点だと思います。
リサイクルガスでエコなご時世に対応し、気化安定性も高い炭酸ガスに対して、徐々に高価となる温室効果ガスは、環境面でも虐げられ、気化効率の悪さは比べ物にならないほど悪いです。

しかしながら、ユキクロ様がおっしゃるとおり、
既存の製品の完全以降が前提となりますし、
コスト面でも、手軽さの面でも現状ではフロンに負けるリスクがあるのも事実です。
初動が富裕層をターゲットに絞らなければならない点などから考えると、普及率はどれほど見込みがあるのかというのは正直未知数です。
そういう部分から考えると、宣伝はもちろんの事、マルシンの広報さんの実力が試される内容であるとも言えますね。
Posted by First SniperFirst Sniper at 2011年08月06日 22:52
M1カービンCDXの大変貴重な情報、ありがとうございます。

自分も今回のCO2マガジンに危惧していた一人でしたので、

安易に改造できるような製品では無くて一安心しました。

こういった情報は製造者側からどんどん情報を開示してほしいですね。


実は自分もエアガン関係のブログを書いておりまして、トラックバック、

もしくはファーストスナイパーさんの今回の記事にリンクしたいのですが

よろしいでしょうか?
Posted by fox-conquer at 2011年08月07日 09:12
fox-conquer様、ご投稿頂きありがとうございます。

情報公開は個人的にもう少ししていただきたいなと思う反面、
イベントなどでメーカーサイドから話を聞くと、
話せば話すほど、公開すればするほど海外に情報が漏れるので、コピー商品対策として、公開に躊躇をしている部分は多いようです。
利権が絡む内容ですので、ここら辺はメーカーさんの裁量に委ねる他ないですね。

トラックバック、リンクの件ですが、
特に制限はかけてはございませんのでご自由に繋いで頂ければ幸いです。
Posted by First SniperFirst Sniper at 2011年08月07日 17:20
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。