スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2014年09月20日

PPsh-41 ガスブローバックモデル



過去の作品を整理していたら開発途中のPPsh-41の動画が運良く残っていたのでyoutubeにアップロードいたしました。
開発中期のモデルとなりますので、ちょっともっさりした動きとなってしまっています。
最終的にはVFC UMPエンジンを搭載し、反動(作動)優先のモデル選定となりました。
PPsh-41、完成はしたものの、量産化までは目処が立ちませんでした。







9月23日 東京の浜松町の産業貿易センターにて行われる、ビクトリーショーに出展いたします。
5階、ブース番号5G・25番にて、ファーストスナイパー名義で出展予定です。


  


Posted by First Sniper at 00:06Comments(0)ガスガン(リキッド)

2012年07月02日

東京マルイ製のMP7のリコイルについて

ご覧頂きありがとうございます。

タイトルのように今回の題材は、東京マルイ製のガスブローバックモデルのMP7の内容になります。
先日の、ヴィクトリーショーに参加した際に東京マルイブースにて撃つ機会がございましたので、軽く思った事を書いて行きたいと思います。

比較する対象として選んだのはもちろんKSC製のMP7です。

まず、リコイルについて

明らかに東京マルイ製のリコイルの方が強いと感じられました。
室内気温28度前後、デモ用でひっきりなしに撃たれていたので、マガジンがそこそこで冷却された状態でした。
恐らく20度前後の環境で撃っているのと同じぐらいの気圧で撃った状況となりますが、サブマシンガンを撃っているというイメージにはピッタリのキックバックでした。
KSC製のブローバックは、乾いたようなブローバックが特徴で本体重量が重たい事もあって、リコイルにおいては発売当初からそこまで期待出来るものではございませんでした。
シリンダー容量的な問題もあり、キックバックではマルイ製が1.5~2倍ぐらい強いと考えて良いと思います。
燃費は両者ともあまり変わらないレベルかと思います、少しだけマルイの方が燃費が良いかもしれません。

外観について

これは一概にどうこう言えるものではございませんが、東京マルイも三次元プリンターを試作モデルの製作に導入してからクオリティが格段に向上しているので、はっきり言ってKSCと互角のレベルと言える内容です。
細かい面で荒が目立つかも知れませんが、最新の技術や機材を駆使して開発を行っている東京マルイはもはや、玩具の領域は脱していると言って良いでしょう。
一部のパーツは電動ガンからの流用ですが、ボディ周りは全て新しく起こしていると聞いたので、フレームの互換性はほとんど無い模様です。
という事で、特にコンパクト電動ガンっぽいメカボックスの形状でシリンダーが作られているわけではないようです。
個人的にはマガジンの処理はKSC製の方が綺麗だと思えましたが、それら以外は両方同時に比べてみないと何とも言えないといった感じです。

価格について

問屋の下代を考えても、値段が1万円程度抑えられますので文句無しで東京マルイ製が優れています。

総合評価

部品供給や予備マガジンのコストを考えても、KSC製が価格差においてのポテンシャル維持する事は難しいと思います。
個人的に想定以下のガッカリなリコイルでしたが、KSC製の物と比べればかなりガツガツ来るので一般受けはかなり良いモデルになると思います。
肝心のリコイルは個人的な印象では、マルゼン製の若干サイクルが増したサブマシンガンシリーズを撃った時と似たような感じを受けました。
マルゼンのモデルはサイクルが早い分、体感するリコイルは異なるので一概に言い切れませんが撃っていた感覚はまさにそのような感じでした。

ちなみに、エスコート(ユースエンジニア)系のASCSユニットのMP5や、アサルトライフルのレベルのリコイルは体感できませんでした。
やはり、ボディが小さいのでどうしても限界があるという感じです。
デザートイーグルの方がスライドがあれだけ動くので手が持ってかれますが、MP7はフレーム内臓式なので、振り回されるような感覚は体感出来ませんでした。

あと、個人的に気になったのがマガジンのバルブ構造がKSC製のSTIのような形になっていた事でした。
ノッカーとバルブの間に板を挟んで、ノッカーを直接バルブに触れさせない構造になっていました。
また、KSC製は板上のものを挟んだだけでしたが、マルイ製にはバルブに合わせて裏側にノッカーパーツ(ポッチ)が追加されていました。
叩き方の安定性向上を狙った機構なんでしょうか、久々にKSCのSTI型のマガジンスタイルの物を見れたので面白かったです。

とりあえず、買いと言えるモデルになる事は間違いないようです。
頑張れ、負けるなJASG!face10

  


Posted by First Sniper at 17:37Comments(0)ガスガン(リキッド)

2012年06月14日

マルシン M1カービン CDX ファーストインプレッション(速報)

ご覧頂きありがとうございます。



CDX速報

とりあえず、データのみ掲載いたします。

初速 25度でおおよそ、0.2g 初弾で70前後。(プロトと比べてかなり絞られています。)
極端に弾速が落ちるケースがあり、60m/s前後でまとまるケースもございました。
ノーマルのM1カービンの欠点は全て引き継いでいるので、
弾道が安定しない、マガジンからチャンバーへの上り坂でジャムが起きるという症状は治ってません。

使用BB弾が外径の大きいグランドマスターBB弾などを使うと、弾上がりせずに、マガジン内でジャムる事がございます。
リップ周辺とその下部のクリアランスが無く、硬い印象がありますので、多少すり合わせするか、径の小さい玉を使った方が良いようです。
0.29gでの初速はおおよぞ60m/s前後です。

使用感は、フロン仕様のM1カービンはゴミくずなので、それらと比べるとキビキビ動いてマルシンじゃないみたい~というような印象です。
ただ、他社のブローバック商品と比べると、マルゼンのPPK/SやKSCのP230のキックバックから、CDX化によってKSCやマルゼンのサブマシンガンのブローバックモデルと同等程度の強さになったという実感しかありません。
音は数倍上がったので、フロンとは比べて物にならないぐらい迫力があります。
速報では適当なアナウンスとなりますが、今後はCDXの為に用意した業務用の振動レベルを使って、ブローバックの強さを数値で比べていきたいと思います(この振動レベル、とっても高い出費となりましたface07
やっぱり反動を体感で言うより数値が出た方がわかり易いですからね。

総合的な結論として、

かなり初速は絞ってあって、ゲームではギリギリ使えるレベル、
圧力はかなり絞られているので、特にプロトで起きたような破損の心配は恐らく無用と思われる(フロン仕様のM1カービンで、エアータンク10気圧ぐらいで撃った感じの印象です。)

シリンダーは材質が変更され、恐らくOリングもCR材に変更か(現段階では未確認)
チャンバーは特に変更が無い模様。
バルブはノッカーの面積は同じだが、バルブ自体の表面積が減った、若干スプリングテンションが変更された。
マガジンは旧型のフロン仕様がそのまま使える、ただし凄いションベン弾(低初速)
トリガープルはフロンと変わらず2000gです、引きに多少の引っかかりはあるものの違和感はありません。
精度は、まぁそこそこ当たる程度と考えておけば良いんじゃないでしょうか。
マガジンはリアルカウントとなっていますが、スリーブを外せば多弾化は容易に行えます。

とりあえずは、こんなところでしょうか。
海外製の似たようなモデルと比べて、絞りがかなりキツメの設定なので気化効率の懸念をする必要はなさそうです(ただし12gなどの低容量の物に限っての話です。)
さすがに、連射すると画像のようにボンベはかなり凍結します。
ただし、ボンベ表面が凍結するのみでマガジンの外装には大きな温度変化は見受けられませんでした。

誰でも扱いやすいモデルにはなりましたが、8mmモデルから、6mmモデルにデチューンした改悪仕様はフロンと同じく健在ですので実射性能も考慮に入れると少し評価が下がる形となりそうです。
ただ、ブローバックを楽しむ為に空撃ちでバカバカ撃って、マルシンなのに凄い動くよ、感激!って事になるのは間違いありません。
絞りの調整を上手い具合にやってくれたようで、ノーマルでは絶対初速超過もしないですし、破損確立も低いと考えられます。

とりあえず、11カートリッジ(約500発)で撃った段階でのコメントですので、完全にバラして何気圧で動かしているのかもう少し調べてみたいと思います。
マルシンさんにしては、出だしで好調なユニットですので、お金に余裕があるユーザーの方にはお勧め出来ますよface05

動画は即席なので、酷い出来ですが、参考程度にどうぞ(ハイスピードは照明の関係で凄い酷くて申し訳ございません)
後日、詳細なデータと比較動画を掲載予定です。
的当ては箱出しホップ未調整の作動で、適当なレストと立射で撃っています。



データの計測にはガンショップバトン様、秋葉原店のシューティングレンジを使わせて頂きました。
レンジ距離は8.2mで撃たせていただきました。
お話やお手伝いをして下さったスタッフの皆様ありがとうございました。

ガンショップバトン様のホームページ

http://www.gunsmithbaton.com/


フィールドアンケートご協力お願いいたします!!

http://firstsniper.militaryblog.jp/c23785.html  


Posted by First Sniper at 21:00Comments(6)ガスガン(リキッド)

2012年04月26日

マルゼン レミントン M870 安定作動+パワーアップカスタム



ご覧頂きありがとうございます。
マルゼン製のガスショットガンのレミントン M870のチューニング品をご紹介いたします。

当店の得意分野の圧力固定と流量調整を施したカスタム仕様です。
フロンガスのリキッドチャージでも、外部ソース仕様に劣らない性能を求めた設計としております。
従来のモデルだと、冬場は極端に初速が落ちて使い物にならなくなりますが、こちらのモデルはいつでも快適にご使用が可能です。
極寒(0℃環境)の中ではさすがに作動が停止いたしますが、5℃ぐらいの環境下までは何とか使用する事が可能です。
20℃前後で0.7jぐらいのパワー設定として、真夏日(35℃越え)でも0.8j~0.9jにまとまるようにセッティングしています。
逆に冬場は10℃前後(関東の冬場の平均気温)だと、0.6jぐらいまで初速が低下しますが、許容範囲のパワー出力で発射が可能です。
冬場でもカイロや手で軽く暖めてから使用して頂ければ、気化効率が上がり、初速が向上、快調にご使用いただけます。
冷却に強い、低圧でパワーが出るセッティングとなっておりますので冬場の粘り強さはノーマルをはるかに凌駕します。
圧力は固定し、かしめてありますので改造をしない限りはパワー変更は出来ない安全仕様です。




とりあえず告知までで、GW明けぐらいにウェブサイトのチューニングメニューとして掲載予定です。
色々調整が効くので、更に低圧でのパワーアップも行えると思います。
これで銃刀法を気にせずに、パワーのあるM870の散弾ショットを行う事が可能ですねicon22


  


Posted by First Sniper at 23:51Comments(2)ガスガン(リキッド)

2012年03月15日

G&G G96 反動モデル(G96 Blow Back)

ご覧頂ありがとうございます。
G&GがL96のリアルショックモデル(G96 Blow Back )を発売するようです。





基本的な構造はタナカのフルコピーで、マルシンのガスオペレーションM1カービンやM1ガーランドなどでおなじみのブローバック用のシリンダーシステムを付加したような内容になっています。
マルイ製のVSR-10のリアルショックバージョンのような、擬似的に反動を生み出す装置をタナカのカート式モデルに付け加えたような設計で、どちらかと言えばモデルガン的な楽しみを優先した仕様となっています。
まともに設計、開発が出来れば、それなりに楽しめるモデルになると思われます。

海外製の物なので減圧して動かすのか、直結でやるのか気になるところですが、気密保持がどれだけ行えるかが肝になりそうです。
あと、この図面のままだと国内のパワーでは精度は間違い無く期待出来ないと思います。
しっかりとサイクルを作ればカート式でもかなり精度が出せますが、最終的にどんな形で作ってくるか楽しみですね。
中身は至ってシンプルなので、500ドル前後で販売されたら手にとって見てみたい感じです
国内流通とかの話は無視で、直結仕様だったら間違い無く45ACPクラス以上の反動は期待出来ますので今後の展開に期待したいところです。
  


Posted by First Sniper at 22:35Comments(0)ガスガン(リキッド)

2011年09月19日

ポイント ウィンチェスター M1892

今回はポイント製のウィンチェスターM1892をご紹介いたします。



あまり知られていないモデルですが、
単なる知名度が低いモデルで終わらないのがポイント製のウィンチェスターの良いところです。
実はこちらのガスガン、ウィンチェスターM1892系で唯一カート式採用をしております。

ユニットは固定スライド式ガスガンと同様の方式で、
レバーアクションでハンマーを倒してバルブを叩く仕様です。



一般的なカート式と同様に前後に穴が空いており、前部にBB弾を込めて発射が可能です。
レバーアクションによってカートが華麗に飛んで行きます。



真鍮のカートという事もあって、ジャムも少なく意外にしっかりとした作りとなっています。



ストックは木製で質感もそこそこで悪くありません。
ただ、フレームがABS製で強度に劣る部分があり、経年経過や過度の使用のストレスで割れてしまう事が多いようです。
同型のガスガンだと、マルシン製のフルメタルタイプが存在するので全ての面で劣っているような気がいたしますが、
金属カートがレバーアクションと一緒に排出されるので、モデルガン的な要素やリアリティを追求されている方には喉から手が出るほど魅力的な商品です。



付属品はクリーニングロッドまで付いてなかなか豪華です。



真鍮カートが12発で、パッケージが地味に拘った作りこみとなっています。



また、クリーニングロッドはストック後部に収納されています。
本体収納で出荷されているので、付属品として存在している事をご存知無い方もいらっしゃるようです。



どちらかというと、ガスガンというよりモデルガンのコレクション的な価値が強い商品と言えるでしょう。

性能的にはノンホップでローパワーと昔ながらの作りこみで、現行品には遠く及ばない性能ですので、
BB弾と一緒にリアルカートが飛ぶというのを味わいたい玄人向けの製品です。
フレームの破損が怖いですが作動させて楽しむには個人的にお勧めのモデルです。
  


Posted by First Sniper at 01:00Comments(4)ガスガン(リキッド)

2011年08月06日

マルシン製のCDXについて思うところ、続報



本日、ブラックホールに行く機会がありましたので、
そこで、タニオコバの小林さんと1時間半ほど対談をさせて頂きました。
対談によって得た情報を元に、改めてCDXの細かい内容についてお伝えしたいと思います。

まず結論から述べると、アドバイザーとして小林さん本人が今回の件に絡んでおり、
マルシンが技術提供(アドバイス)を全面的に受けた形で、独自開発の商品が作られるようです。
また、改造防止策やユニットの仕様など、かなり突っ込んだ内容でお話をさせて頂き、内部構造と防止策のレベルを確認させて頂いたところ、
かなり高水準での改造防止策を練られているようで、前回の記事で危惧したような事態は全て防止出来るように設計されている事が確認出来ました。(特許出願もなされている様子です)

下手な素人が弄る限りでは、確実に安全なシステムだと、こちらでも保証する事が出来そうです。
CDXのプロジェクトがかなり長期計画であった事もお教え頂き、安全面はかなり力を入れた計画となっていた模様です。
マルシンに問い合わせた時に、安全など確信に触れる箇所への説明が不足がちだったので、
前の記事で書いたような事態を危惧しておりましたが、取り越し苦労となっていたようです。

細かい防止策は、違法改造にも繋がる事ですので一切公開する事が出来ませんが、プロが加工するにしてもそこそこ面倒であると言える内容でした。
加工難易度から見ても、個人の違法改造責任が問われると判断出来る内容で、業者責任に及ぶ危険性は恐らく低いと推測されます。

よって、ビールサーバーのように直結での使用さえ許容されれば、問題無い新しい代替ガスシステムとして認知される事になるでしょう。
アサヒのM40事件などのように、でっちあげの印象操作など、外部からの圧力がかからなければ、新しいジャンルとして認められる事は間違いありません。
どう転ぶかは解りませんが、小売にしっかりとした予備知識の指導をメーカー側が事前に行えるかがキーポイントです。

ただ、正直一言だけ駄目だしをするとすれば、
WE製などの大型ボルトのリコイルに慣れたユーザーが
果たして、今更マルシンのM1カービンのブローバックで満足出来るのか、そこが問題だと思います。
M1カービンを手にした方には解ると思いますが、
8mm、6mm仕様どちらのガスブローバックモデルも反動がとっても寂しかったので、
そこがネックにならない事を祈ります。
ちなみにパワー関係は、規制より一段階落とした、従来のタニオコバと同じような初速セッティングになるとの事でした。
  


Posted by First Sniper at 22:12Comments(6)ガスガン(リキッド)

2011年08月01日

チーム運営者にお勧め、ガスボンベの内圧が計測出来るツール

ご覧頂きありがとうございます。
この度、ご紹介いたしますのはガスボンベの内圧(パワー出力)を測る専用ツールとなります。
画像は試作品で4mmホース型となっておりますが、量産タイプでは更にコンパクトになり、専用ノズルアダプター装着型となります。

(マルイ製のガスボンベ、画像では6.3気圧出ています)



このツールを使う事によって、お手持ちのガスボンベの内圧が現在どの程度の気圧になっているかを一瞬で確かめる事が可能です。
温度管理をしっかり行えば、何℃の環境で何気圧の出力になっているか、計測する事も可能です。
しかもデジタル表示式、とても軽量で、物凄くコンパクトなので場所も取りません。

リキッドチャージ式のガスガンのみで遊ばれているユーザーは、気圧という言葉とは無縁の生活をされていると思いますが、
安全面の問題で、自分がどの程度のパワー(気圧)でガスガンを発射しているのかをしっかりと把握する必要はあると思います。
外部ソースと違い、外部レギュレーターで気圧の制御が出来ない分、気温が高くなればどんどんリキッドチャージ式のガスガンはパワーアップしてしまう事になります。
お手持ちのガスが一体どのぐらいの気圧(パワー)まで昇圧するのか、安全をしっかりと確認したい方や初速の調整を完璧に行いたい方にはお勧めのツールです。
内圧をデータ化する事は、サバイバルゲームでレギュレーション違反をしないようにする為には、とても解りやすい目安となります。


また、この商品の最大の利用目的は、リキッドチャージ式の高圧ガスボンベを利用して、巧妙にレギュレーション違反を犯しているサバイバルゲームユーザーをフィールドから締め出す事です。

最近流通している混合ガスボンベの中には一部、製品化された段階でとても強いパワー(気圧)を持ったガスボンベが存在いたします。
いくら初速チェックの際に、運営側が用意した安全なガスボンベで測っても、ユーザーが持っているガスボンベが必ず同じ圧力とは限りません。
通常フロンガスが4~8気圧程度で安定するのに対して、混合タイプの高圧ガスボンベは10気圧~16気圧前後と倍近いパワーを持ち合わせております。

空のガス缶を再利用して再充填する際に高圧ガスと入れ替える、もしくはガス容量が少なくなったところで高圧ガスを混入させる事によって混合高圧ガスボンベ化する、そんな悪質なゲーマーは実際に存在いたします。
パッケージを剥がしたり、上書きで偽装して混合高圧ガスを利用するユーザーもおり、サバイバルゲームに限らずにスピードシューティングなどでこのような手法で相手より優位な立場に立とうと考える方も少なくありません。

このような悪質ユーザーに対して抜き打ちで検査が出来るのが本製品の最大のメリットです。
数値化されたデータを見せれば、相手には弁解の余地は一切無くなりますので言いがかりでのトラブルの防止も行えます。
また、あらぬ誤解を与えてしまい自分が疑われてしまった際に、逆に自分自身が身の潔白を証明する為のツールとして自衛用に使用する事も可能です。
運営サイドとして一番の悩みであるパワーでのトラブルやクレームを迅速に処理する事が可能になります。

一見するとマニアックな商品ですが、規制が厳しくなってきた今日では安全と言う面で必要なツールとなると私たちは考えています。
  


Posted by First Sniper at 21:48Comments(0)ガスガン(リキッド)

2011年07月28日

マルシン製のCDXについて思うところ


~続報が入りましたので、正しい情報が必要な方は同名タイトルの続報をご覧下さい~



マルシン製の画期的?なブローバックシステムとして一部で注目されている、
炭酸ガスカートリッジ直結仕様のガスブローバックガンのM1カービン、
細かい内部構造を見た事が無いのではっきりと意見が言えないところですが、
公式の画像を見る限り、リリースや内臓レギュレーター搭載しているかが微妙なんですよね。
下手すると流量絞りだけの仕様な可能性が高そうです。



画像はマルシン工業より引用です。

下手に削らなければ初速は完全に抑えられるとは言え、
仮にレギュレーター仕様で無ければ、言うほど安全なのか疑問に思います。
ちゃんと警察関係の裏を取ってから発売してれば問題無いですが、どうなんでしょうか。
車産業と元ASGKという事でパイプはあると思いますが、
この計画自体が海外企業の持ち込み提案で、適当な見切り発車だった場合はちょっと怖いです。
高圧ガス保安法の取り扱いも良く解っていなかったようですし、不安要素は少なからずありそうです。
これってリリーフやレギュレーターで制御してないと、
バルブ周りとかを簡単に手を加えるだけで、下手すりゃ一撃で逝く仕様なんですよね。
ボルト側でしっかりと制御でもされているんでしょうか。
外部ソース使ってるユーザーとしては、下手な規制が入らない事だけが気がかりです。
0.4j規制の時代に炭酸ガスの使用やパワー論争に否定的な見解を見せていたASGK出身者が少なからず介入している計画なだけあって、
どう転ぶかが色々な意味で楽しみなモデルです。
これが許されれば何だってありですからね。
ちなみに、似たような仕様でコクサイが既にこれと同等の固定スライド式ガスガンを作ってます。

ソースが無いので、現段階でどうこうは言えませんが、何より安全が第一です。
  


Posted by First Sniper at 06:23Comments(2)ガスガン(リキッド)