スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2014年09月24日

Vショーご来場ありがとうございました

昨日は、ビクトリーショーの弊社ブースにお越し頂き誠にありがとうございました。
後日、簡単な紹介をさせて頂きますが、弊社は「異次元システム」として、光線銃分野に今後主軸をおいて進出いたします。

細かい説明は後日コンテンツにアップロードいたしますが、次世代電動ガンとは異なる作動原理で、十分な衝撃(反動、リコイル)が得られるシステムを光線銃に付与いたします(特許申請済み)
光線銃自体のデバイスにつきましても、古いアナログなコード式から、無線通信制御が可能なワイヤレス、オリジナルのプログラムを搭載した光線銃のデバイスを開発中で、既存の光線銃が抱えていた問題点を根本から見直して、面倒、わずらわしいと感じていた部分を極力排除出来るよう努力しております。

今回の展示会でのお披露目では単純に反動があるモデルを試射出来るといった程度に留まりましたが、今後は光線銃のデバイスについて徐々にお披露目が出来ればいいなと思っております。
今回の展示ではTAR-21、八九式、P90、AK74、M249、MP5、M4A1などバリエーションに富んだラインナップでリコイルエンジンを積んだ商品をご用意させていただきました。
開発着手から早3年も経過しておりますが、まだまだ耐久試験や負荷試験に満足が出来ておりません。
他社様と比べて、大変牛歩な進捗となりますが、更に高みを目指して開発を行っていきたいと思います。
今回の展示会で頂いたお客様からのご感想、フィードバックを元に、より完全なシステムを構築出来るよう努めて参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

今までの光線銃は、どちらかと言えば子供向けで、価格帯も安く、機能的にも満足がいける内容の物は少ない状態でした。
弊社では長年サバイバルゲーマーの皆様から学んで来た体験や経験を元に、弾が出ない、見えない光線銃でも撃ち合いを楽しめるサービスを提供していけるよう頑張りますので、続報をご期待下さいませ。

※ウェブページ上のコンテンンツで今後、具体的なシステムの特徴を箇条書きにして、何がやれて、何が出来ないのかという事を伝えていきたいと思っております。

  


Posted by First Sniper at 11:42Comments(0)その他

2014年09月20日

PPsh-41 ガスブローバックモデル



過去の作品を整理していたら開発途中のPPsh-41の動画が運良く残っていたのでyoutubeにアップロードいたしました。
開発中期のモデルとなりますので、ちょっともっさりした動きとなってしまっています。
最終的にはVFC UMPエンジンを搭載し、反動(作動)優先のモデル選定となりました。
PPsh-41、完成はしたものの、量産化までは目処が立ちませんでした。







9月23日 東京の浜松町の産業貿易センターにて行われる、ビクトリーショーに出展いたします。
5階、ブース番号5G・25番にて、ファーストスナイパー名義で出展予定です。


  


Posted by First Sniper at 00:06Comments(0)ガスガン(リキッド)

2014年09月18日

ビクトリーショーにて新製品を発表!!




皆様お久しぶりです、2年近く間を空けてしまっての更新となってしまいました。
まず初めに、長らくブログ、ウェブサイト共に更新を怠っており申し訳ございませんでした、この場を借りてお詫びいたします。
また、このような状況にも関わらず新規にご相談や商品のご注文をして頂いたお客様、誠にありがとうございました。

さて、話は変わりまして9月23日 東京の浜松町の産業貿易センターにて行われる、ビクトリーショーに出展いたします。
5階、ブース番号5G・25番にて、ファーストスナイパー名義で出展予定です。
今回は、スタッフ数は2名で対応をさせて頂く予定です。



ウェブ上の更新をストップして、長年じっくりと開発を続けていた新システムの一部を展示会にて発表いたします。
正直、少し見切り発車な状態ですが、今年の初めにVショーにお越し頂いたお客様に夏か秋にでもとお約束していた手前もございますので、公開、展示に踏み切りました。
ビレッジの社長様ようやくお見せする事が出来ますので、都合がつけば是非いらして下さいませ。

システム的なお披露目は展示会では正直半分にも満たない状態ですが、公に出せない部分も含めると70%ぐらいのシステムが完成しています。
そうは言っても、まだまだ開発途中である事に変わりはございませんので、色々な方から意見を頂戴しなければと思っております。
解らない事やご要望などがございましたら、お気軽に弊社スタッフまで問いかけて頂ければ幸いです。
インパクトは前回のWA2000を越えると思います、是非、触ってみて体感して頂ければと思います。

※今回は展示のみで物販は行いませんので、先に物販ブースを回られた後に、弊社ブースまでお越し下さいませ。


また、WA2000の絶版に伴いBEST GUNとの代理店契約を解除いたしました。
WA2000の修理は随時対応いたしますが、今後はBEST GUNへ部品発注は出来なくなりました。
パーツを弊社で図面を引きトレースする事は可能ですので、単価が上がりますがある程度の修理は弊社で承る事が可能です。
その代わりといってはなんですが、新規に弊社でWA2000の設計・開発を行う事を決めましたので、引き続き満足のいける物を製作出来るよう努めて参ります。
  


Posted by First Sniper at 17:08Comments(2)その他