2012年06月18日

マルシン M1ガーランド クリップ音響改良(速報動画)



ご覧頂きありがとうございます。
前回、告知した開発モデルのリストにある、音響強化の試作モデルが完成いたしました。



動画をご覧頂ければお解かりの通り、8発できっちりクリップが飛んで、音響も従来型とは比べ物にならないレベルまで引き上げました。
設計を根本から見つめなおして、6mmBB弾で撃てる仕様に仕上げています。
現時点では、BB弾発射関係の調整を行っておりそれが終わり次第、受注開始となる予定です。
マルシン製ガーランドを使ってやれるところまで、やりました。
マグネシウムクリップ無加工でこの音が出せてます!!
これが限界だと思いますが、お客様は満足頂けたでしょうかface10

  


Posted by First Sniper at 13:30Comments(0)マルシン M1ガーランド

2012年06月14日

マルシン M1カービン CDX ファーストインプレッション(速報)

ご覧頂きありがとうございます。



CDX速報

とりあえず、データのみ掲載いたします。

初速 25度でおおよそ、0.2g 初弾で70前後。(プロトと比べてかなり絞られています。)
極端に弾速が落ちるケースがあり、60m/s前後でまとまるケースもございました。
ノーマルのM1カービンの欠点は全て引き継いでいるので、
弾道が安定しない、マガジンからチャンバーへの上り坂でジャムが起きるという症状は治ってません。

使用BB弾が外径の大きいグランドマスターBB弾などを使うと、弾上がりせずに、マガジン内でジャムる事がございます。
リップ周辺とその下部のクリアランスが無く、硬い印象がありますので、多少すり合わせするか、径の小さい玉を使った方が良いようです。
0.29gでの初速はおおよぞ60m/s前後です。

使用感は、フロン仕様のM1カービンはゴミくずなので、それらと比べるとキビキビ動いてマルシンじゃないみたい~というような印象です。
ただ、他社のブローバック商品と比べると、マルゼンのPPK/SやKSCのP230のキックバックから、CDX化によってKSCやマルゼンのサブマシンガンのブローバックモデルと同等程度の強さになったという実感しかありません。
音は数倍上がったので、フロンとは比べて物にならないぐらい迫力があります。
速報では適当なアナウンスとなりますが、今後はCDXの為に用意した業務用の振動レベルを使って、ブローバックの強さを数値で比べていきたいと思います(この振動レベル、とっても高い出費となりましたface07
やっぱり反動を体感で言うより数値が出た方がわかり易いですからね。

総合的な結論として、

かなり初速は絞ってあって、ゲームではギリギリ使えるレベル、
圧力はかなり絞られているので、特にプロトで起きたような破損の心配は恐らく無用と思われる(フロン仕様のM1カービンで、エアータンク10気圧ぐらいで撃った感じの印象です。)

シリンダーは材質が変更され、恐らくOリングもCR材に変更か(現段階では未確認)
チャンバーは特に変更が無い模様。
バルブはノッカーの面積は同じだが、バルブ自体の表面積が減った、若干スプリングテンションが変更された。
マガジンは旧型のフロン仕様がそのまま使える、ただし凄いションベン弾(低初速)
トリガープルはフロンと変わらず2000gです、引きに多少の引っかかりはあるものの違和感はありません。
精度は、まぁそこそこ当たる程度と考えておけば良いんじゃないでしょうか。
マガジンはリアルカウントとなっていますが、スリーブを外せば多弾化は容易に行えます。

とりあえずは、こんなところでしょうか。
海外製の似たようなモデルと比べて、絞りがかなりキツメの設定なので気化効率の懸念をする必要はなさそうです(ただし12gなどの低容量の物に限っての話です。)
さすがに、連射すると画像のようにボンベはかなり凍結します。
ただし、ボンベ表面が凍結するのみでマガジンの外装には大きな温度変化は見受けられませんでした。

誰でも扱いやすいモデルにはなりましたが、8mmモデルから、6mmモデルにデチューンした改悪仕様はフロンと同じく健在ですので実射性能も考慮に入れると少し評価が下がる形となりそうです。
ただ、ブローバックを楽しむ為に空撃ちでバカバカ撃って、マルシンなのに凄い動くよ、感激!って事になるのは間違いありません。
絞りの調整を上手い具合にやってくれたようで、ノーマルでは絶対初速超過もしないですし、破損確立も低いと考えられます。

とりあえず、11カートリッジ(約500発)で撃った段階でのコメントですので、完全にバラして何気圧で動かしているのかもう少し調べてみたいと思います。
マルシンさんにしては、出だしで好調なユニットですので、お金に余裕があるユーザーの方にはお勧め出来ますよface05

動画は即席なので、酷い出来ですが、参考程度にどうぞ(ハイスピードは照明の関係で凄い酷くて申し訳ございません)
後日、詳細なデータと比較動画を掲載予定です。
的当ては箱出しホップ未調整の作動で、適当なレストと立射で撃っています。



データの計測にはガンショップバトン様、秋葉原店のシューティングレンジを使わせて頂きました。
レンジ距離は8.2mで撃たせていただきました。
お話やお手伝いをして下さったスタッフの皆様ありがとうございました。

ガンショップバトン様のホームページ

http://www.gunsmithbaton.com/


フィールドアンケートご協力お願いいたします!!

http://firstsniper.militaryblog.jp/c23785.html  

Posted by First Sniper at 21:00Comments(6)ガスガン(リキッド)

2012年06月05日

WA2000 6月中に発売となるか



ご覧頂きありがとうございます。

前回アナウンスした新型モデルの取り扱いについてですが、特徴的デザインですのでお解かりかと思いますが、WA2000になります。
企業との契約も無事に終了し、WA2000の本格的な販売まで後一歩となりました。

先々月からサンプルを頂戴しており、それらの評価も終わり、
メーカー側に対して商品の駄目出しをしまくったので、そこが改善されて出荷されれば、そこそこノーマルでも使える状態の物となりそうです。
もちろん、当店側でチューニングモデルを並行して販売する予定なので、最低でもVSR-10 Gスペックレベル(俗に言うショップチューニング泣かせの命中精度)まで持って行けるようにしたいと考えています。

予価は10万円程度で、初動ではエアーコッキング式が発売される形となります。
画像の公開は少し先となりますが、以下に簡単なスペック表を置いておきますので、既存のモデルと比較してみて下さい。
スペックはスタンダードモデルを基準としており、特注用のデラックスモデルとは一部材質や仕様が異なる形となります。
実物の図面、アサヒの図面、実銃用の資料などWA2000に関しては日本屈指の情報量を持ち合わせておりますので、当店のデータを踏まえて他社との比較表を作らせて頂きました。
頑張って9万円台で収まるようにしますので、もうしばらく続報をお待ち下さい。

比較箇所 当店の商品  アサヒ ゲネス  アレス 
価格 未定 198000~26,8000円 198,000円 11,8000円
ボディ材質フルメタル 骨組みはスチール、ブラスト仕様 フルメタル  フルメタル フルメタル
ネジ実銃と同様 プラスネジ実銃と同様 プラスネジ実銃と同様 プラスネジ 六角ネジ
パネルのネジ位置 実銃と同様  実銃と同様 デフォルメ デフォルメ
バイポッド実銃と同様簡単に外せない仕組みです。 スチール削り出し  デフォルメ、分解せずに解体出来ます。  アサヒに準じた設計 アサヒに準じた設計 
バイポッドホルダー実銃と同様 スチール製の鉄板 実銃と同様 実銃と同様実銃と同様 フレームネジ止めタイプ、しかし強度もかなり弱い 
木製部品チーク (世界三大銘木) ウォールナット ウォールナット  ウォールナット
木製部品のシボ加工 実銃と同様 実銃と同様 実銃と同様  無し 
リアパネル実銃と同様 二面式1面のみ 片面はチークピースで隠す 1面のみ
片面はチークピースで隠す
二面式
マガジンの大きさ実銃と同様 実物に準じたカートをマガジンで挟む事が可能(装填は出来ません) 小口径モデルサイズ  デフォルメ、アサヒに準じたサイズ  デフォルメ、ダミーカート仕様でBB弾を装填するスペース無し 
発射方式 エアーコッキング 電磁バルブガスガン方式 エアーコッキング APS-2方式 エアーコッキング VSR-10方式 
BB弾の装填位置実銃と同様 マガジン方式 実銃と同様 マガジン方式 実銃と同様 マガジン方式  割り箸マガジン、ロアーフレーム前方(マズルの真下)より挿入
マガジンの性能シングルカラム 信頼性 中シングルカラム 信頼性 中シングルカラム 信頼性 高割り箸マガジン 信頼性 とても低い 
チャージングハンドル実銃と同様 ライブ式(専用リターンスプリング装備) 無可動実銃と同様なハンドルとロングハンドル2way、ライブ式(リターンスプリングは無し) ライブ箇所のバーが露出する残念仕様 デフォルメ、ロングハンドルでライブ式(リターンスプリングは無し) 
ボルト形状 実銃に似せた形状 電磁バルブ用ユニットが搭載され、全く似ていません。  APS-2、SS9系の独自シリンダーが搭載されており、全く似ていません。 VSR-10系のシリンダーが搭載されており、全く似ていません。 
連射性能 比較的スムーズ  トリガー連動式のセミオートなので早い 若干ぎこちない  比較的スムーズ 
トリガーフィーリング 普通 給弾用のストローク分重いが、シアが落ちる感覚は最強 普通  普通
刻印などのリアリティ 高い 普通 低い 普通 
木製パーツの寸法実銃と同様 若干、握りがアサヒ系より細いです 実銃にかなり準じた設計、 アサヒに準じた設計 アサヒに準じた設計 
バットプレート実銃と同様クッションは実銃と同じフラットタイプ。 分解手順も一緒。実銃に準じた設計、 バットプレートを何故かパックマイヤー製にアサヒに準じた設計 クッションはフラットタイプアサヒに準じた設計 クッションはアサヒ製のパックマイヤー型を模倣か
バットプレートの固定方法実銃と同様 可動領域の切削内容も実銃に準じています。アサヒ独自規格 ネジとナットを使って締めるタイプ アサヒを改善した設計 アサヒを改善した設計 
ボルトストップ実銃と同様 今後のバリエーション展開に合わせて、ライブ前提の設計です。アサヒ独自規格 ダミーです。  アサヒに準じた設計 アサヒに準じた設計
ハイダー実銃と同様 フラッシュハイダーにネジ切りがされており、カバー(アサヒで言うところのサプレッサー)を被せるタイプ。  デフォルメ、小型サプレッサーを直接ネジ切り、それをアウターバレルと接合 アサヒに準じた設計 アサヒに準じた設計 
ダミーカートの材質 金属、フルメタル 付属しない 付属しない  プラスティック 
チャンバー、 バレル方式 タナカ型 独自規格 マルゼン型? マルイ型
インナーバレル径 6.03mm  6.01mm~6.10mm 6.05mm?  6.05mm? 
付属品本体マガジン1本(内部にダミーカート4発)ダミーカート2発ソフトガンケースフラッシュハイダーハイダーカバーサイレンサーメンテナンス工具説明書初速証明書 本体マガジン1本専用ホースプロモーションビデオテープ箱説明書 本体マガジン1本箱説明書MOJJI製のスコープのカタログ 本体マガジン1本ダミーカート3発箱説明書(公式サイトのPDFコピー)初速証明書メンテナンス工具

  

Posted by First Sniper at 00:10Comments(0)その他